スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記 「体験飛行」

秘密にぜんっぜん関係ない、自慢話です。
飛行機に興味が無い方は、スルー願います。

体験飛行ネタで、すでに「日記」を書いてしまい、この記事UPするか迷ったのですが..。
せっかく書いたから、UPしちゃいます。スマソ



体験飛行でハワイの空、飛んできました。

4シートの単発プロペラ機で1時間の体験飛行。タキシング→離陸→飛行→着陸、を一通り。
といっても隣で機長も舵を握っているので、98%は操縦してもらったという感じです。

飛行機の操縦自体は、結構シンプルです。
体験者は左右の足でタキシングの進行方向を、操縦桿は左右で方向、押す引くで上昇/下降を操作します。
その他に必要なエンジンのアクセル操作や航路に関するもろもろは、機長が一手に引き受けます。

操縦席につき、1,2分操作方法や離陸速度などの簡単なレクチャーを受けて、即タキシング開始。
え? レクチャーってこれだけ?

離陸はフルスロットルで、滑走路を走ります。
速度が離陸速度まで達し、「はい、引いて」と言われ操縦桿を引くと、あっけなく浮きました。驚くほど簡単。
少し操縦桿戻して、目標高度までそのまま上がります。

本来ならばオアフ島1周なのですが、ちょうど大統領がハワイに来ており、島の上空は航空規制が敷かれややこしい。
ということで目的地が隣の島になり、航路のほとんどが海上だったのがちょっと残念。

高度を稼ぐ間、視界のほとんどは青い空。前傾しフロントガラスの上側を覗き上げると、眩しい太陽が光のいがいがを纏ってます。
あまりに清々しく、平平凡凡な感想しか出ません。気分はすっかり「グッドラック」で、太陽が近い、空の色が違う、きもちいい!
たった2000feet上がっただけなのに。

海上はほぼ真っすぐ進むだけ。しかし到着翌日の時差ぼけぼけの頭には、それが却って結構きつい。
気流の関係か、真っすぐ進むのにもちょこちょこ操縦桿切ってやらないと、いつの間にか左右に逸れています。
ぼーっとしてると、「もうちょっと右」「左に切って」と指示される羽目に。

左右の進路を決めるのが、空気が相手だとこんなに難しい事になるとは、思いもよりませんでした。
操縦桿を切ってから、ワンテンポ遅れて機体の向きが変わります。
右に切っても右を向かない。で操縦桿の角度を増やしていくと、今度は通り過ぎてしまう。
あわてて左に切ると...(以下同文)
ちょっと向きを変えると、左右にふらふら ふらふら ふらふら。これは難しかった。

離陸はあっけなかったですが、着陸はマジ怖いです。
想像していたより、滑走路間近で高度を下げていきます。
最初は「本当に着陸? まだ高度あるじゃん。」と思っていたら、ぐんぐん陸地が近づいてくる。
海からの風が強く、風にあおられて機首は左右に振れます。ぜんぜん滑走路の直進方向を向きません。
このまま着陸したら、絶対滑走路から外れる! すぐ横の海にドボン、だ!
「きゃ~。息子よ、父母いなくとも、ちゃんと生きていくんだぞ~」と一瞬観念いたしました。
が、ゴンっと車輪が接地したら、ちゃんと滑走路を直進します。不思議です。


飛行機の操縦も面白かったのですが、発着が「ホノルル国際空港」だったのがすごーく嬉しかったのです。
もちろん、大きな777や747が使う長い滑走路とは別ですが、ローカルな航空会社の小さなジェット機と同じ滑走路。
HAWAIIAN AIRやGO! AIRのリージョナル機(ボンバルディア機?)と一緒。

おまけに、着陸時はメインの滑走路上空を横切るため、離陸中の777?を上空から眺める、なんて至福の経験をしました。


AIRLINEという月刊誌の昨年10月号の巻頭に、とても素敵な写真があります。
747-300の国際線ラストフライト、ホノルル空港から離陸直後にホノルルの街の上を飛ぶ747を、上から俯瞰している写真です。
ホノルルの高層ホテル街をバックに、羽をいっぱいに広げた747がとても希望に満ちている、綺麗な写真です。
(希望? ラストフライト、なんですけどね。羽の面積も、離陸時だろうが普段と変わることないんですけどね。)

この写真の撮影場所を探すのも、秘かな目的でした。
体験飛行で、解明しました。これ、ヘリコプターから撮ったんですね。


いや~。面白かった! 最初は乗り気ではなかった相方も、「良かった」と繰り返してました。
また来ることがあったら、絶対絶対乗ります。
(体験飛行、結構リピータの方が多いそうで、航路のリクエストをする方も多いようです)



体験飛行の自慢話でした。へへ



この記事のトラックバックURL

http://sugiyamada1701.blog6.fc2.com/tb.php/202-db2cd1a5

コメント

【 うおおおお~ 】
すぎやまださん、明けましておめでとうございますもだいぶ過ぎましたが今年もよろしくお願いします~(^^)

ハワイで体験飛行ですか!? てゆーか、正月にハワイですか!!?? うらやましすぎるぞおおお!!!

れ、レクチャーってそれだけだったんですか? 当然エーゴですよね。一応、航空英語じゃなくて、標準英語でしたか? それだけで、出発しちゃうんですか? 車より簡単・・・。
操縦桿てけっこう重いそうですよね。どうでした?

楽しそうな雰囲気が伝わってきます~(^^) でも、きんちょーも伝わってきます(@▽@;

>「きゃ~。息子よ、父母いなくとも、ちゃんと生きていくんだぞ~」

ということは、ご主人は道連れだったんですね。
そうですよね。一家全滅を避けるためには、大事なお子さんは地上で待っていてもらわないと・・・(@@;

そーですねー。ハワイとかグアムに行ったらやってみたいことは、飛行機と拳銃かなー。

楽しい旅行で良かったですね!
そして、すぎやまださんが、無事に帰ってきてくれてうれしいです!
また飛行機記事をお待ちしてまーす(^^)
おじゃましました。
【 Re: うおおおお~ 】
まいどです~、第九の部下Yさん
今年もどうぞよろしくお願いします。

レクチャーも何もかも、全部日本語ですよ~。ハワイ、ですから。
しかし、離着陸のタワー交信、タワーが何言ってるのかぜんっぜん分からない!
日本と同じ内容だと思うんですが...わからない。

帰りは早めにホノルル空港行って、タワー交信聞いいたんですが、やっぱり分からない!
うーん、航空免許とるには、まず英語だ~。 (って、英語の問題か?)

操縦桿、軽かったです。軽飛行機だからでしょうか? 
横風を受けた時でも、あまり重さを感じなかったんですよ。パワステ、じゃないと思うんですけどね。

息子は日本で留守番です。
高校生になってから、「ディズニーワールド以外は行かへん」で、いつも留守番。
(何故ディズニーワールド? 特にキャラ好き、という訳ではないんですがね。)
うるさい親もおらず、ゲーム三昧が良いようです。

つまんない自慢話お付き合いいただき、ありがとうございます。
第九の部下Yさんの飛行機ネタも、楽しみにしてますよ~。
【 ひゃあ~っ!! 】
す、すぎやまだ様、そ、操縦されたんですか?!
あんまりびっくりしたので、出てきてしまいました。
少し前、モーニンググローリーというTV番組を見まして、雲の上を波乗りよろしくグライダーで滑空する人たちがいるのに驚いたり呆れたりしたのですが(失礼なことを言ってすみません。)、すぎやまだ様も冒険家でいらっしゃるのですね。
至福の体験をしてこられたご様子で何よりです。

サンショウウオは乗り物酔いがひどいので、地面にへばりついて生きています。
脳内はワープしたりスリップしたりしているんですけどね。

次の痛い青木クンですが(みちゅう様へのラブレターの記事なので、ご遠慮申し上げてこちらにコメントさせていただきます。)、泣きましたよ、本当に。
ざっと100年後のことです!
認知症はきっと克服されています!
青木クンは薪さんを見送り、その後も大病を患うことなく、大勢の血縁者や友人、知人に慕われ、愛されて余生を過ごし、天寿を全うするのです!
ウェ~~ン
【 Re: ひゃあ~っ!! 】
まいどです~ サンショウウオさん

> 少し前、モーニンググローリーというTV番組を見まして、雲の上を波乗りよろしくグライダーで滑空する人たちがいるのに驚いたり呆れたりしたのですが(失礼なことを言ってすみません。)

おお、グライダー!
グライダーだとエンジン音がなく風を切る音しかしないので、鳥の気分になれるそうです。
きっと気持ちいいですよ。

> サンショウウオは乗り物酔いがひどいので、地面にへばりついて生きています。
> 脳内はワープしたりスリップしたりしているんですけどね。

乗り物酔いするのは、辛いですねぇ。
でもその分、妄想がぶんぶんがんがん、飛びまわっているではありませんか。

> 青木クンは薪さんを見送り、その後も大病を患うことなく、大勢の血縁者や友人、知人に慕われ、愛されて余生を過ごし、天寿を全うするのです!
> ウェ~~ン

そうそう、青木さんは雪子さんと結婚して、子供作って孫も出来て、世間一般の幸せな生活の末、大往生するんですよ。

でも薪さんは...
孤独で頑固で身体もきかなくなり、老醜をさらしている薪さん、ああ ちょっといいかも...ずるっ。
(っと涎をすする)

またお越しくださいね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。