スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2次創作 「フラッシュバックVer2.0 1」

すでにupした「フラッシュバック」の焼き直しです。 (第九の部下Yさん、アイデアありがとう!)
今回分は前とほとんど一緒ですので、既読の方は無視していただいても 無問題 。
あ、グロイのダメな方はパスしてください。 (第九の部下Yさん、警告はしたゾ)


「今日は珍しく早めに帰れたな」
早めの帰宅でウキウキした青木は、帰りにスーパーに寄ってビールと弁当、つまみを買い込んだ。
たまには家でゆっくりするか。

テレビをつけると、特番をやっていた。
「緊急!大都会歳末犯罪捜査網 」、どうやら過去の大きな犯罪や、未解決の犯罪をつづった番組らしい。
ふーん、と思いながら弁当をつつき、ビールを飲む。
ぼーっと眺めるともなく見ていると、突然心臓が「ドキン」とした。
え? どうして? 飲みすぎたかなあ?
気がつくと、テレビには貝沼の写真が写っている。
貝沼がまっすぐ俺を見ている。
貝沼の目、あの 鈴木さんの脳で見た、自殺直前の目。同じ目。
次の瞬間、鈴木視覚者の画像が、鏡に写ってこちらを向いた貝沼がはっきりと見える。 
まるで、過去にそのまま運ばれたかのように。
あれ、俺どうして... と思うまもなく、視野が真っ白に光った。



深夜の第九。薪はいつもと同じく、室長室で居残っていた。
そこへ、ノックもなしに勢いよく扉をあけて、帰ったはずの青木が現れる。
どうした? 青木。 とかけようとした声が、途中で止まる。
「?」
薪は青木の様子に違和感を感じた。なにか、おかしい。青木...

青木の口がゆっくりと動く。
「ま き さ ん ...」
薪はその場に凍りつく。
直接聞いたことがないはずなのに、頭にこだまする声。 ま き さ ん ... まきさん...
姿かたちは青木なのに、なぜダブってしまうんだ! 貝沼と。

青木は無表情なまま、近づいてくる。 こう、両手を広げて。
「まきさん... あんたを だきたくて だきたくて ころしたくて ころしたくて...」
ストン、と薪から現実感が抜け落ちる。目の前にいるのは、誰だ。ここは、どこだ。
後ずさりをしているつもりだが、実際には1mmも動けない。
視線をはずさないと動けないのがわかっているのに、目がそらせない。
ブラックホールのような 光をも吸い込む真の闇の瞳が、目前に迫ってくる、迫ってくる...。
カクン、と薪の膝が折れた。薪が耐えられるのは、ここまでだった。
目前に迫った青木の胸に倒れこむ。

貝沼[青木]は意識がない薪を抱きしめる。
薪の髪に顔を埋めて、その香りを思いっきり吸い込んで楽しむ。
汗と恐怖が入り混じっている、その香りを。

ああ、まきさん... やっとおれのところに。
 [薪さん! 俺、こんなことするつもりないのに、勝手に手や足や口が...
  こんな事を口走るなんて、貝沼か?
  俺の中にいるのか?]

貝沼[青木]は、薪をそのまま抱きかかえソファに運び、自分は床に跪く。。
歓喜で震える指で、ばらけた髪を整えて、長い前髪をかきあげる。
白磁のように透明な、薄い唇は青ざめて、長い睫毛はそのままに、閉じられた瞳に影をうつす。
表情が抜け落ちたその顔は、かえって夢を見ているように。
額に眉にこめかみに、鼻筋をゆっくりなぞって楽しんで、唇の形を確かめる。

おれの いとしい あいする まきさん。 
でも おれは まきさんの ひとみが おそろしい。
つよい、まっすぐな、ひとみ。
おれを、あわれんで、さげすんで、わすれさる....
でも そのひとみさえ とじていれば ほら あんしんして こんなにちかづける。
 [起きてください、薪さん。お願いです。
  俺は自分が自由にならない。
  貝沼がなにをするつもりかも、今の俺には分からない。
  大切な薪さんに、こんなことはしたくない。]

白く細い薪の首筋をなぞり、頚動脈を探り当て、そのかすかな脈拍に口付けして命に触れる。
トク トク トク トク ...
シャツのボタンをひとつづつ...
現れた薄い胸に腹に、すみずみに手を這わせ、なごりの命を惜しんでみる。
新しい、待ち焦がれた人形が手に入るのを、自らじらして楽しんでいる。

ないふを むねに さしこめば あついあかい 血潮が こぼれだす。
あつい それは ゆっくり ひろがり ベルベットのような じゅうたんを つくるだろう。
おれが おそれる まきさんの ひとみ。
じゅうたんが ひろがれば ひとみは 2どとは ひらかない。
おれは あんしんして まきさんの そばに いることが できる。
ひとみをとじた まきさんは きっと おれを あいして くれる。
じゅうたんの うえで なら きっと あいしあうことが できる。 
 [貝沼は何をするつもりだ。
  くそ! このままじゃ薪さんが危ない。
  俺がなんとかしなければ。]

貝沼[青木]はポケットからナイフを取り出すと、薪の胸に軽く滑らせる。
薄い線に現れた小さな真紅のルビーの玉は、大きくなって手をつなぎあい、
一筋の線から赤い涙を溢れさす。

おれが うつる まきさんの ひとみを みたい。
さげすむのではなく あわれむのでもなく、おれを みつめる ひとみを。
いのちが なくなる その しゅんかんを。 
空になった まきさんの ひとみ。 しゃぶると つめたい ミントの あじが するだろう。
 [薪さん! 貝沼が、俺が、薪さんを傷つけるなんて...]

薪が、痛みで少し意識を取り戻す。
焦点が合わないまま、今まさにナイフを振り下ろそうとしている貝沼[青木]を見上げる。
逃げることすら、思いつかない。
魅せられた様に、ナイフを見つめるだけの薪。

(続)



この記事のトラックバックURL

http://sugiyamada1701.blog6.fc2.com/tb.php/36-1f74777c

コメント

【 やはり怖いです… 】
すぎやまださん、 こんにちは。

やっぱり、何回読んでも怖いですね……

今回、青木さんは一応、抵抗してますね…
「やった、ラッキー」じゃないんだ…(あれ、私何を書いているの?)

これ、正気に戻ったら、青木さん出家するしかないですね……

続き、楽しみにしています。

ありがとうございました。
【 ぎゃー。。。(((@@;;))。 】
みみみ、見ちゃった、見ちゃったよ~

ご、ごわいよ~

でも、これ青木なんですよね。
ちょっとエロいかもです。
なでなでしてる辺りが・・・

でも、やっぱりごわいですーーー
【 Re: やはり怖いです… 】
いらっしゃいませ、みちゅうさん

> 「やった、ラッキー」じゃないんだ…(あれ、私何を書いているの?)

みちゅうさん、そういうお話はご自分のブログで書かないと。
書いて、書いて、書いて、書いて

> これ、正気に戻ったら、青木さん出家するしかないですね……

出家するまもなく、あの世へ行ってしまいました。
ほんとーにスマンです。青木さん死亡。

あ、怒らないで、石投げないで。きゃー
【 Re: ぎゃー。。。(((@@;;))。 】
まいどです~

> みみみ、見ちゃった、見ちゃったよ~

みみみ、見ていただけましたか。

> ちょっとエロいかもです。
> なでなでしてる辺りが・・・

青木さんはいやだったともいますけどね。
本心は、ちょっと楽しんでた?
でも、意識のないマグロをなでても.... つまんないかしら。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。