FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2次創作 「癒し 5」

やっと終わりです。 (アホは記事消してしまい、再UPです)

「清らかな薪さんじゃなきゃダメ~」 「私、未成年です」 「岡部×薪なんて見たくない」 という方は、ここでUターンしてくださいね。

あとで恥ずかしくなったら、取り下げるかもしれません。 ← 形式美として、入れときます


岡部のやけくそで、薪の”男を拾う”のは収まったかって?
いやいや、そんな簡単におさまるのなら、そもそも薪もこんな事は始めない。

陰惨な事件が起こり、救えたかもしれない者が救われることないまま 捜査終了を宣言したときは、
薪はいつのまにか 第九から姿を消していた。

岡部は、放っておこうかと毎回思う。
だが、薪をトイレに連れ込もうとした男のだらしない顔を思い起こすと、
その顔にふさわしい なげやりな生活が想像できる。
そんな男と薪が、あんな関係で接点を持つなんて、とてつもなく危なっかしく ハイリスクで。
自滅する薪を想像すると、それだけは 我慢できなかった。



羽を痛めた猛禽は、じっと岩場に身を寄せる。
餓死するのが早いのか、翼が直るのが早いのか。
たとえ手を差し伸べたとしても、一瞥してまた目を閉じて、自らその手にすがらない。
しかし、その手が抱き上げるなら、それもまた運命、潔く身をまかす。



話は千堂咲事件が終結した夜に戻る。

こうしているうちにも、誰かに声をかけられるかもしれない。
岡部はいつもの店へ急ぐ。
そこに薪を見つけて、とりあえずほっとした。

いつものようにカウンターの端に腰かける、薪の側に立つ。
気配で察した薪は、顔を上げて岡部の顔を認めると、不機嫌そうに眉をしかめて 椅子から降りる。
それは、岡部を巻き込みたくない、薪の気持ちの現れ。
何で毎回、僕の相手になる? おまえ自身が言ったんだぞ 「上部に知れたらどんな事になるか」 と。

薪は、岡部に知れぬよう店を変えようか と何度も思った。
が、それに気がついた岡部にしつこく詰問される場面を想像すると、面倒くささが先にたって。
結局いつも、岡部を待つ格好になってしまう。

そのまま2人は、いつものように薪の部屋へ行く。
ドアの鍵を差し込むと、薪は振り返って 問いかけるように眉を上げて岡部を見る。
岡部はがしがしと頭を掻くと、あさっての方向に向かってうなずく。
ドアの鍵は、そのまま かちゃり と回された。

薄暗い室内で、空気がゆるゆると、ベットの2人の動きにつれて、ただよう。
情熱がありながらも、ひそやかで、緩やかで、まるで祈りにも似た2人。

迷って、不安な瞳を持つ薪を、岡部は抱く。
一言も言葉を交わさぬまま、体でお互い思いを伝える。

自分を追い詰める必要はありません、岡部の愛撫が薪に伝える。そのままで、そのままでいいんですよ。
そうか? ひそやかな吐息で薪が問う。 ぼくは、このままでもゆるされるのか?
そうです、岡部のあたたかさが肯定する。 そのままで、ありのままで、なにもたさなくても、なにもひかなくても。
よかった、岡部の背中に回した薪の手。 ぼくは、このままでいいんだ。
背中の手に力がこもる。 おまえがいうことを、ぼくはしんじる。
岡部の手にも力がこもる。 じぶんのいうことを、しんじてもらって よかった。

薪はそのまま、無防備な眠りに落ちる。
朝、薪と顔を合わせるのが気恥ずかしい岡部は、絶対に薪の部屋に泊まることはない。
ベットに吸い付こうとする体を、引っぺがすようにして起き、服を着る。
ドアをそっと閉じると、明けはじめたばかりの街を歩く。

群青からターコイスブルーに移り変わろうとしている空を見上げる。
ふう、俺は何やってるんだろう。
総監に知れた日には 薪さんは無論、俺だってただではすまないだろうに。
だが、岡部が本気で心配しているのはそんな事ではなかった。

「俺、こんなことやってて、結婚できるかなぁ」


(完)



何だか、めっちゃ違和感あるお話ですね。変なお話読ませてしまい、申し訳ないです。
とりあえず終らせないと、落ち着かないので。 すみません。

おまけに、岡部さんにもいい思いをしてもらおうと思ったのですが...相変わらず奉仕する、聖人君主です。

おまけに、あまりにほっとしたのか、この記事一度消してしまいました。
再UPですが、もはや画面表示の推敲をする気力もなし。 スマソ

この記事のトラックバックURL

http://sugiyamada1701.blog6.fc2.com/tb.php/59-0208a7fd

コメント

【 結婚できないのは・・・ 】
すぎやまださん、こんにちは。
お疲れ様でした!
消してしまったのを再度書くのって、大変でしたよね?

ん~~~。

おなじことやっててても、えろくなるのとならないのとではどこに差があるんでしょうか?
岡部さんの薪さんへ与える愛情は性的なものとはちょっと違うからですね。きっと。

ところで・・・。

ごめんなさい!岡部さん!

岡部さんはまだしばらく結婚できないと思います!

うちの青木君がポカをして、「良縁祈願」と「安産祈願」のお守りを間違って買ってきちゃったから!
(「安産祈願」じゃ・・・ねぇ・・・。)

バカな子にかわって、謝らせてください!

ごめんなさい!岡部さん!


(失礼しました!)
【 Re: 結婚できないのは・・・ 】
いらっしゃいませ、みひろさん

> 消してしまったのを再度書くのって、大変でしたよね?

テキストは残してあるのですが、UPしてから見た目をチョコチョコと直すので、
その分は ぱぁ です。

> おなじことやっててても、えろくなるのとならないのとではどこに差があるんでしょうか?
> 岡部さんの薪さんへ与える愛情は性的なものとはちょっと違うからですね。きっと。

え、えろくないかぁ。がく!
おっしゃるように、岡部×薪は、(今は)性愛ではないですね。断言します。

> 岡部さんはまだしばらく結婚できないと思います!

ああ、やっぱり。
青木さ~ん、お願いしますよ。
結婚できなかったら、青木さんのせいですからね!

まあ、このまま体がなじんでしまえば、肉体関係から派生する愛情?もあり、かも。
(一時期の渡辺淳一の世界ですね)
本格的に岡部さん、結婚できないかなぁ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。