FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2次創作 「岡部の独言」

私は岡部さんが好きです! 薪さんを心配する岡部さんが大好きです。


ああ、また薪さんの顔が蒼くなってきた。
最近また、寝られないのだろうか。

たしかにこの事件は、思いがけなく時間がかかっている。 また1課か上から、なにか言われたんだろか。
薪さんは俺にも愚痴らないから、何があったのかぜんぜん分からないが。
昼間では導眠剤もきかないらしい。睡眠薬飲ませて、仮眠室へ行かさなければ。
こんなことを心配しなければならないなんて、俺は薪さんの世話役か!

薪さんは第九メンバーのちょっとした変化も敏感に察知し、俺に「何かあったのか」尋ねてくる。
報告の遅れはもちろん、内容がちょっとでもあやふやだったりすると、すぐにサポートの指示をする。
また第九を快く思っていない総監や、何かと意地を張ってくる1課との連携も、薪さんがすべて対処している。
(おかげで、第九メンバーは捜査に集中できる環境にある)
第九と第九メンバーに対し、常に細心の注意を払っている。

なのに、自分の事には頓着しない。 自分の事くらい、なんで自分で気がつかないのか。
おまけに、他人にあれこれ心配されるのは大嫌いらしい。
最近やっと、俺の言うことだけはしぶしぶ耳にいれてくれるが。
それでもすなおには聞きゃしない。 ほっておこうと何度思ったか。

常に周囲に気を配り、収集した情報を分析し続けている、薪さん。
第九と第九のメンバーを守るために。
(「第九のメンバー」の中には自分は含まれないらしい)
その様子はまるで、ねじを常時ギリギリと巻き続けている様だ。
巻き続けていれば、いづれはねじ切れる。そのぐらいのことも分からないらしい。
薪さん、バカか?

最初に会ったときは、鈴木克洋の亡霊におびえていた。
同時大量自殺事件のときは、貝沼の再登場で錯乱したこともある。
その後も蒼い顔が数日続いた後に、何回か倒れている。 
薪さん、自己管理しろよな。
倒れたとき、1度は俺のサポートも間に合わずに頭を強打させてしまった。
あの時は病院でも記憶の混乱が数日つづいて、心底肝を冷やしたなぁ。
なぜ第九に戻れず入院しなければならないかの説明に、冷や汗をかいたよ。
薪さんは俺のこともわからず、鈴木克洋が見舞いに来るのを待っていた。
でも鈴木克洋を殺したのが自分である記憶が無くなった方が、薪さんにとっては倖だっただろう。
鈴木克洋のことを話すときのあの笑顔、今まで見たことがない笑顔だった。 
俺のことを忘れてもいいから、回復しないことを少し願った。

そういえば、倒れるのは室長室で俺を2人きりのときだから、俺に少しは気を許してくれているのか。
(皆がいるモニター室では1回のみだから、よっぽど他のメンバーに知られたくないらしい)
倒れるたびに、俺がこっそり救護室へ運ぶこととなるが、毎回薪さんの軽さに驚く。
薪さん、心配されるのがいやなら、ちゃんと寝て食えよ。
なんで俺が「寝ているか」心配しなきゃならんのだ。 
居眠りしている薪さんを見て、安心しなきゃならんのだ。
「ちゃんと食べているか」 俺が買ってきたコンビニおにぎりを薪さんが食べるの所を、なんで監視しなきゃならんのだ。
まったく! 手間がかかる野郎だ。
本当に手間がかかる野郎だ。

俺しか知らない、鈴木克洋の亡霊に怯えていた薪さん。
俺以外、こんな手間のかかる薪さんの面倒は見切れないだろう。
薪さんの世話を出来るのは、俺しかいない。
だけど、青木も薪さんのことが少し分かるらしい。
なんでだ? 新人の癖に。
青木は頭は切れるし捜査の勘も抜群で、かなりいい捜査員になるはずだ。
それはいいのだが.... 何か気に食わない。
とにかく、気に食わない野郎だ。

(完)



「秘密」ブログめぐりは日課ですが、皆さんの愛にあふれた「妄想」「思い」は原作に劣りません。
私の中では皆さんの「妄想」が原作と同じレベルで染みついてしまいました。

私の妄想の中にすでに、「秘密」ブログの「妄想」が含まれてしまっています。
断りもしないで便乗してすみません。
(って、ここで謝ってもしかたないやん)
もう少したったら、お詫びがてらリンクのお願いが出来ると思います。

この記事のトラックバックURL

http://sugiyamada1701.blog6.fc2.com/tb.php/92-3fa60b4e

コメント

【  】
こんにちは。
また来てしまいましたm(_ _)m
岡部さんの独白、楽しく読ませていただきました!!
(「第九のメンバー」の中には自分は含まれないらしい)

この一言にものすごくウケました(≧m≦)☆
そんなことないよ~、薪さんはアナタのことだって、大事に大事に思ってるよ~・・と、言ってあげたいけど、言わない(←意地悪? でも不憫な岡部さんが好きなので♪)
あと、先日は、コメレスをありがとうございました。
素敵なレスをいただいて、私の方が感激致しました。
ブログ創作、ずっと見ていただいてたのですね。嬉しいです。
しかもこんなもったいないお褒めの言葉の数々・・ジーン・・
創作薪さんも、オリジナルキャラも、読む方に愛していただいて、こんなに嬉しく幸せなことはございません。
確かに2次創作増えましたよね・・でも、自分が影響してるなんて、考えたこともありませんでした!!
そんなことないと思います・・私自身、半年前に「秘密」にハマったように、たまたま最近になってファンになった方が増えただけなのだと・・
でもでも、影響を受けたなんて・・そんな風におっしゃっていただいて、びっくり!!しつつも、もったいなくありがたいです・・(最敬礼!&滝汗・・)
コメントは苦手とのことですが、ついついお邪魔してしまいました。
レスはお気になさらないで下さいね。では。
【  】
すぎやまださま はじめまして
第九の部下Yと申します。
「秘密」と「第九」にリアルを追及するすぎやまださんの路線は私の好みです。
でも、貝沼だけはダメでした。「誘拐」でハード路線、「おやすみなさい」でホントは中年の薪さんの日常生活、と来たところで、どうして貝沼であんなんなれちゃうんでしょうか。
>いっぱい、いっぱい、ぷれぜんと 入れておいたから。
おえっぷ。 
気持ち悪さ全開です。すぎやまださん、本当はこっちが本業なのではないかと。。。
「岡部の独言」
まさに、常日頃、岡部さんが思っていることでしょう。
憮然としながら薪さんと室員のところを行ったり来たりする岡部さん。。。
>まったく! 手間がかかる野郎だ。
>本当に手間がかかる野郎だ。
独り言しながら、だんだん薪さんに腹が立ってきたんですね。わかります。でも、腹を立てながらも薪さん命。
そうそう、薪さんは、野郎なんですよ。
しかも、一コしか歳が違わない(らしい)
多少、顔がかわいいからといって、多少、身体の作りが華奢だといって、30ウン年生きてきて、10余年、ヒエラルキー構造の代表である警察で仕事をしてきた野郎なんですよ。
大臣暗殺で警視総監に脅迫されちゃうようなところで仕事してるんですよ。ふふふ。
>俺以外、こんな手間のかかる薪さんの面倒は見切れないだろう。
さっき、手間のかかる野郎だと言ったばかりなのに。
岡部さんてば。。。
魅力的な岡部さんを読ませていただいてありがとうございました。
【 Re 】
かのんさん、再読ありがとうございます。
しかも、レスへのお気遣いまでしていただいて。
(無理はしませんので大丈夫ですよ。返事が書きたくて、書いてます)
楽しく読んでいただけたなんて、一番うれしい言葉です。
そうそう、「不憫な岡部さん」なんですよね、好きなのは。
自分で文章を書いてみて、初めて「ストーリーを書くって、すごく大変なことだ」と気づきました。
既存のキャラの上に乗っかって、なぞるだけでも大変なのに、オリジナルを生み出す苦労は こりゃ並大抵のものではない かと。
(本来なら、かのんさんの方へお邪魔して書くことでしたね。失礼しました)
また是非ご来店ください。
【 Re 】
こんにちわ、いつもブログ、拝見していますよ。
部下イプシロン、改め 部下わい さんですよね。
ご来店ありがとうございます。
>「秘密」と「第九」にリアルを追及する
リアル かどうかはともかくとして、この路線を好みと言っていただき、本当に感謝です。
この路線は嫌いな人が多いのでは、とちょっと不安ですので。
(でも、私の妄想はこうなんです。変えられないんです。と開き直る)
>でも、貝沼だけはダメでした
そうですよね。原作の貝沼が殺した少年の絵でもダメな人いますものね。
私は異常心理物とか、コリン・ウィルソンとか好きなので、こういう想像は苦にならないんです。
申し訳ないですけど、適当に読み飛ばしてください。
最近岡部さんの株が急上昇中で、私もそれに乗ってしまいました。
原作でも青木さんに比べたら、岡部さんの出番がすくなくて。
ついここでは出番を増やしてしまいます。
ここで言うのもなんなんですが、「いつもあなたを守ってる」 2008の秘密感想、時間の経過まで考慮に入れるあたりが、すごく新鮮に感じました。
部下Yさんの思い入れがうかがえるようで、次も楽しみにしています。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。